· 

イベント中止と、私の思うこと

スマホで見てた北海道知事会見をスクショ。


開催直前ではありましたが、昨夜の北海道知事の「緊急事態宣言」を受けまして、本日開催の「ボディメンテナンスレッスン」「2月のレイキ交流会」の中止を決定いたしました。

 

昨日は、この二つの開催行事を思うと朝からなんだか腰がムズムズ。
ヒューマンデザインで「仙骨の動き」が私の本心、という特性を持っているので、開催しないほうがいいのかな?と頭をよぎってました。

新型コロナウイルスの報道で、大きなホール等のイベント中止が続々つづき、
「人の集まるイベントは自粛」ムードが高まってました。
当イベントは、多くの人があつまるものではなく、また「こんな時だから」の免疫アップに役立つと思っている内容。
「今だからこそ、天城流での免疫アップや、レイキでの細胞レベルからの健康が必要です」
というニーズはある。
参加希望者もいるし、、中止は楽しみにしている人にご迷惑だ。
できる限りの感染防止対策をして~
会場のキャンセルもご迷惑がかかるし、、、

と、いろいろ考えながら開催準備をしてました。

 

でもムズムズ。どうにも仙骨が気になる。(-_-;)

そう思っていたら夜のニュース報道での「感染者の拡大を防止するためにこの週末はなるべく外出を控えてほしい」という北海知事のお話し。
「人の命と健康を守りたい」というメッセージ。
ほんとに私もそう思う!
何の対策もなくただ「気をつけてください」と言われるより、このような具体的な協力要請を聴き、そのリーダーシップに心が動きました。

お仕事で、この要請を実行したくてもできない人もいる。
人がくることで生業がたつ飲食店さんなどのサービス業さんの心中もわかる。
いろんな立場の方を思うと、いろいろ感じることはある。

私のイベントふたつを自粛したところで人の動きはほんの数人。
何の効果もないこともしってるけど、北海道民として微々たる協力をしたいと思いました。

2月は中止。
3月も予定していた日程は、開催がまだ厳しそうな時期を予定。
なので、本日は月末で3月のインフォを発表する日ですが、開催日の決は少しお待ちください。m(__)m


ひとりひとりが、ムリなくできることを実行。
「このお店に食べに行きたい」など思えば、もちろんでかけます。
楽しく「笑うこと」で免疫が上がります。
ストレスは免疫を下げます。

臨機応変の行動。
自分の身体を整えること。
意識したいと思います。


そして、今だからこそ、WHOで提唱する健康の定義について、ひとりひとりが自分と向き合ってほしいなぁと思いました。(*^^*)


 

... 健康とは身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な動的状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。

 

 

「完全に良好な動的状態である」

この言葉から、「循環し続ける」イメージが出たのよね。

循環とは、流れ続けること。

流れといえば?

血液リンパ

運気
お金

 

いろいろあるね。

外出は控えたとしても、心は自由。
自分の中に滞りがないかは、安心できる場のほうが検索できるかも。
地球暦で元旦の「春分の日」にむけて、身体と心の整理整頓。

よどんでる場合じゃないわ♪
( *´艸`)